言語    ▼
ログインアカウント

2015

ニュースに戻る
2015年1月6日
持続可能なカカオ規格の国際的展開
2012年、カカオ業界関係者は持続可能なカカオ規格の定義付けを始めました。 2012年の秋に、すべての参加者のグループは、追跡可能かつ持続可能なカカオの標準ISO CEN / TC415規格を採用しました。"; ISO CEN規格は特定の製品または材料 ‰UO(この場合は、持続可能なカカオ) に関して仕様を定める、欧州および国際的規格フォーマットです。 標準のビジョンと目標は明確で、測定可能、実用的、かつ全関係者にとって費用対効果の高い堅牢な標準結果となることです。 以下がその目標です:

以下がその目標です:
カカオ生産における持続可能性だけでなく、カカオ豆及びカカオ製品の追跡可能性の分りやすさと透明性の要件の両方 持続可能な長期カカオ生産のための、確かで偽りのないプロセスの確立。;;;;; 規格の開発プロセス全体を通して、カカオ消費国とカカオ生産国の両方による積極的な参加の促進。

持続可能性のすべての規格にとって重要な包括性と長期的な持続可能性目標の達成における有効性の両方によって、世界的に認められる効果的かつ実用的な規格の開発。

International Labor Organization (ILO)の規約に従い、強制労働や虐待児童労働の除去。

カカオ農業に関与している人々の生活水準、社会的条件、労働条件を向上し、健康と安全のサポート。

環境への生産性と持続可能な生産の影響を改善。

カカオ栽培の生産性を向上させるなどして、農家の所得を増加、生活水準の向上。

合理的なコストで効率的に持続可能なカカオ豆の生産を増加。

認定の全コストと経済的影響を考慮に入れた上での、透明性のサポートと向上。

協同組合とエンパワーメント(農業者や農場の責任の認識強化)を含む農業者組織の促進。

カカオ製品の追跡可能性と持続可能性に関する通信を改善:カカオの品質と食品安全性の面で、ISO / TC 34と協働

Euromar/Transmar Groupはプロセスをサポート、そして、BDSI (the Federal Association of the German Confectionary Industry)の、German鏡委員会、そしてCENのための追跡可能性に関する技術ワークグループのメンバーシップを通して関与しています。